骨董品店 | 骨董品の世界~時代と会話する魅力~

骨董品店

骨董品店とはどのような物を販売しているのか?

骨董品とは、100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品と定義されていますが、骨董品とはという定義はあくまでベースで、国や状況で定義に該当しないものでも骨董品と呼ばれています。 欧米各国における骨董品の定義は様々な見方や考え方があって、製造されて100年以上を経た手工芸品・工芸品・美術品はアンティークと定義されているのです。 しかし100年に至らないものをジャンク、古くても価値のないものをラビッシュといった分類もあって、欧米各国の骨董品店ではこれら3つを用いています。 一方、日本・朝鮮・中国などアジア方面での骨董品とはという定義は、古いこと・希少価値で判断されているのです。

骨董品店の定義

骨董品店とはという定義ですが、簡単に言うと先に触れた骨董品を主に扱う商店で、商品の仕入れについては様々な経路があります。 骨董品店の実店舗は、個人客に対して商品を販売すると共に買い上げることもしていて、店舗によっては出張買い取りの依頼に対応しているところもあるのです。 また、そうした骨董品の売買だけではなくて、骨董品の鑑定を実施している骨董品店も存在しています。 こうした骨董品買い取りを実施している骨董品店にとっての骨董品とは、アジア方面での定義と類似しているのです。 ですから物品のジャンルには関係なく古いこと・希少価値を満たしていると、骨董品として対応するのが原則となっています。 つまり骨董品店からすると古そうな品物であれば何でも骨董品として取り扱っていると考えることができるので、古そうな品物がある時は骨董品店に相談することがおすすめです。

骨董品店の選び方

骨董品店や鑑定士によって骨董品の査定には差があるので、適切な鑑定をしてもらうためには、信頼できる骨董品店の選び方がとても重要になります。 しかし信頼できる骨董品店の選び方は意外とシンプルで、必須になるポイントは鑑定費用が無料の骨董品店であることです。

実績のある骨董品店

その条件を満たしたうえで骨董品店の選び方のポイントになるのは、長年営業して実績のある骨董店ということがあります。 長い間営業をしているということは実績数が多いですし、お店の評判が悪いと閉店に追い込まれてしまうので、正しい査定をしてくれる可能性が高いです。 信頼されてはじめて長い間営業ができるものなので、長く営業していることは骨董品店の選び方のポイントになります。

ジャンルで選ぶ

骨董品の鑑定士と呼ばれる方は数多くいますが、名の通った鑑定士は幅広い知識と見る目を持っているので、そうした鑑定士に依頼するのも一つの方法です。 また鑑定士によって得意不得意のジャンルがあるので、売りたい骨董品に詳しく得意とする鑑定士に依頼できると後悔しないで済みます。 その為には、骨董品店がホームページなどで何を一番アピールしているのかをチェックして、売りたい品とその品がマッチしているお店を選ぶのも選び方のひとつの方法になるのです。

即金買取の骨董品店

一概に言えることではありませんが悪徳業者は即金で買取することがないので、即金で買い取りを行ってくれる骨董品店を選ぶのもひとつの判断材料になります。 また安定した運営をしている骨董品店なら、即金で支払える経営的な余裕があるはずなので、即金買い取りの骨董品店を選択することも選び方のポイントです。