骨董品の正しい手入れと保管方法

menu
HOME » 骨董品の管理方法 » 骨董品の正しい手入れと保管方法

骨董品の正しい手入れと保管方法

骨董品も種類で適切な手入れと保管方法あって、正しい方法でないと大きなダメージを受けてしまいます。

絵画は色褪せや材質の劣化などダメージを受けてしまうため、必ず日光の当たらない場所で保管用の黒い布をかぶせて保管することが大事です。

また乾燥は表面の絵具がひび割れる原因ですし、逆に湿気はカビの発生を招くので、保管の際には湿度管理が大切になります。

茶道具も日光と湿気が大の苦手なので、素材の劣化・ひび割れを防止するためにも、湿度管理を適切に行いながら保管する必要があるのです。

陶器も日光や湿気に強いとは言えないので、日光や湿気に注意して保管する必要がありますし、落として割ることを回避するために、高い位置に保管しないように気を付ける必要があります。

その他掛け軸や宝飾品の保管方法があるので、正しく保管することを心掛けることが大事です。

お手入れのコツ

 

それから大切な骨董品のお手入れのコツもあって、手の汚れや水分・油分が付着してしまうので、絶対に素手で扱わないことが大切になります。

実は手の汚れや水分・油分は、シミやカビの原因なるので清潔に維持された骨董品専用の布手袋を使用すること必須です。

また、くしゃみやせきで発生する唾が骨董品に付着することを避けるためにも必ずマスクをして作業します。

それから骨董品にとって湿気が大敵になるので、お手入れに関しては晴れて湿気の少ない日に行うことが大事なポイントになるのです。

ただ湿気に注意してお手入れをしたり保管していたりしても、知らず知らずのうちに湿っぽくなってしまうこともあります。

ですから、定期的に骨董品を陰干しすることもお手入れとしては重要です。