骨董品には保険があった!その詳細とは

menu
HOME » 骨董品の管理方法 » 骨董品には保険があった!その詳細とは

骨董品には保険があった!その詳細とは

希少価値の高い骨董品を収集することは楽しいことですが、それと共に盗難や災害による破損などが心配になります。

最低でも金銭的被害は未然に防ぎたいので、骨董品の被害を補償して貰うための保険にはどのようなものがあって、どの保険に加入すれば良いのかを知っておくことは大事です。

火災保険と家財保険

骨董品の被害を補償して貰おうと考えた時に思いつくのが火災保険で、火事による被害は一定の補償をしてくれますし、契約内容により水難や盗難にも対応してくれます。

ただ注意したいことは、火災保険は建物の被害が補償の対象で、家具やインテリアなどは対象外という点で骨董品も例外ではないのです。

それなら家財保険に加入すれば安心と考えられますが、家財保険では原則として1つ30万円を超えるものについては、それ以上補償しなくて良いことになっています。

また全額補償をして貰うためには、保険加入時に30万円以上の品をすべて申告する必要がありますし、保険会社によってはひと事故の補償を100万円までと上限が設定されているところもあるのです。

その為、家財保険では高価な骨董品がたくさんある場合は十分な補償が期待できないのです。

動産保険がおすすめ

そこで、おすすめしたいのが不動産以外の様々なものが補償の対象となっている動産総合保険で、火災や盗難などの被害だけではなくて、メンテナンス途中で破損したケースでも補償をしてくれます。

それから車や船舶での輸送中の破損に関しても対応してくれるなど安心感の高い保険ですが、保険加入時に正確な補償額を確定するために、すべて鑑定する必要があるのです。

費用はすべて加入者負担で保険料も高くなるので、保険料が骨董品の価値に相当するのか検討することが大切になります。