骨董品の鑑定士になるには?

menu
HOME » 骨董品の魅力 » 骨董品の鑑定士になるには?

骨董品の鑑定士になるには?

骨董品の価値を鑑定する仕事をするのが骨董品の鑑定士で、絵画・陶器・ブロンズ像・玩具など様々なジャンルの骨董品の鑑定を行います。

その為、骨董品の鑑定士になるには、それぞれの骨董品を鑑定するにあたっての知識を備えておく必要があるのです。

ジャンルを絞って専門的に鑑定を行う人もいれば、オールジャンルで鑑定を行う人など様々いますが、いずれにしても物の価値を決める重要な仕事なので膨大な知識量は必要になります。

ただ骨董品の鑑定士になるのに必要な資格はなくて、極端な言い方をすると自分は骨董品鑑定士と言ってしまえば、その日から骨董品の鑑定士として活動できるのです。

しかし、骨董品の価値を決めたりその骨董品の真贋を判定したりする鑑定ですから、何も資格や称号がない人に依頼することはないので、必要な資格として美術鑑定士というのがあります。

この美術鑑定士というのは、基本的に美術品の価値や真贋を判断するために必要となる資格で、骨董品もこのジャンルに該当してくるのです。

その為、信用性という意味から考えて骨董品の鑑定士になるには、この美術鑑定士の資格を取得することが現実的と言えます。

美術鑑定士の資格を取得するには、専門学校で学んだり講座を受けたりする必要はありませんし、特に認定試験というものもないのです。

しかし、周囲の美術鑑定士から認められることで美術鑑定士の資格が取得できるため、骨董品や美術品を取り扱う画廊や古美術商、美術館の学芸員として仕事をして経験を積む必要があります。

このように明確な試験などがないので、とにかく鑑定力を鍛えて周囲から認められることが大事になるのです。