骨董品の価値を見極める方法

menu
HOME » 骨董品の価値を見極める方法

骨董品の価値を見極める方法

骨董市で賢い購入をする方法とは?

骨董の勉強の仕方にはいろいろありますし、買い方にも様々な特徴があります。

数多くの本を読んで勉強してから購入する方、逆に数多く購入することで勉強する方、先輩についてきてもらってアドバイスを受けながら買う方など様々です。

このように様々な勉強の仕方や買い方をすることにより、少しずつ骨董品に対する目利きが養われていくと言えます。

ただ多くの方が結論として、自分が感動したり欲しいと素直に思ったりした品物を購入することに尽きるといった声が多いのも事実です。

骨董市や展覧会などを訪れて、その中から1点だけ購入できるとしたら何を買うのかと考えることで、実際には購入できません。

しかし、美術館・博物館に展示してある作品についても同様に考えます。

骨董品を購入する時には

また、骨董市などで何かを購入しようとした時に、1箇所でもおかしいと感じてしまう点があったら買ってはならないということも大事なポイントです。

それを繰り返して行くことで自分の好きな作品が自然に分かりますし、それが美意識や目利きを育てる方法になります。

ただし注意しなくてはならないのが、ちょっとおかしいなと感じても、中にはこういうものもあると良い方向に解釈してしまう場合です。

欲しいと考えるとあばたも笑窪で良く見えてしまいますし、欲得がらみの場合はどうしても良い方向に考えてしまいます。

このように冷静さを欠いてしまうことで落とし穴にはまってしまうので疑う心も必要ですし、疑うことによりある程度の目利き力をつけることにもつながるのです。

骨董市などで賢い購入をするためには自分に妥協しないことが重要で、目利きとは自制心と認識しておくことが必要とも言えます。

骨董品の収集方法

骨董品の世界の魅力に触れることで虜になってしまうと、もっと素敵な骨董品があるのではといった気持ちが膨らみます。

そうしたコレクターにとっては、どこで骨董品を収集できるのかを分かっているかは重要なポイントになるのです。

骨董品の主な収集方法は、骨董品店に行く・骨董市に出掛ける・オークションで購入する・人から買ったり譲り受けたりするといった4つに大きく分けられます。

骨董品店に行くというのは、最も身近な収集方法でコレクターなら誰しもが通る道です。

また骨董市に出掛けるという方法は、様々な地域で開催される骨董市を訪れることで珍しい骨董品と巡り合えることもしばしばあります。

意外と希少価値のある骨董品を見つけられる場所となる骨董市なので、コレクターとしては魅力的な収集方法です。

オークションは、メリットとデメリットをしっかりと理解した上で利用する必要があって、メリットはどこにいても手軽に骨董品の収集ができるという点になります。

ただ直接骨董品に触れることができない状態で買い取りするため、偽物を見極めるのが難しいです。

更に、悪徳業者も多くてお金を振り込んでも物が届かないといった詐欺にあう可能性があるというデメリットがあるのです。

ただ、各地域の骨董市などに行けない方にとって、お宝に巡りあえる可能性のある魅力的な収集方法というのも事実と言えます。

人から買ったり譲り受けたりする収集方法は人との繋がりや情報がとても大事で、収集活動をすることで同じ趣味の人と知り合うことができますし、情報の共有ができる仲間ができてくるものです。

そこから様々な話も出てくるので、大切にしたい収集方法と言えますね。

骨董品店の選び方

骨董品店や鑑定士によって骨董品の査定には差があるので、適切な鑑定をしてもらうためには、信頼できる骨董品店の選び方がとても重要になります。

しかし信頼できる骨董品店の選び方は意外とシンプルで、必須になるポイントは鑑定費用が無料の骨董品店であることです。

実績のある骨董品店

その条件を満たしたうえで骨董品店の選び方のポイントになるのは、長年営業して実績のある骨董店ということがあります。

長い間営業をしているということは実績数が多いですし、お店の評判が悪いと閉店に追い込まれてしまうので、正しい査定をしてくれる可能性が高いです。

信頼されてはじめて長い間営業ができるものなので、長く営業していることは骨董品店の選び方のポイントになります。

ジャンルで選ぶ

骨董品の鑑定士と呼ばれる方は数多くいますが、名の通った鑑定士は幅広い知識と見る目を持っているので、そうした鑑定士に依頼するのも一つの方法です。

また鑑定士によって得意不得意のジャンルがあるので、売りたい骨董品に詳しく得意とする鑑定士に依頼できると後悔しないで済みます。

その為には、骨董品店がホームページなどで何を一番アピールしているのかをチェックして、売りたい品とその品がマッチしているお店を選ぶのも選び方のひとつの方法になるのです。

即金買取の骨董品店

一概に言えることではありませんが悪徳業者は即金で買取することがないので、即金で買い取りを行ってくれる骨董品店を選ぶのもひとつの判断材料になります。

また安定した運営をしている骨董品店なら、即金で支払える経営的な余裕があるはずなので、即金買い取りの骨董品店を選択することも選び方のポイントです。

骨董品の偽者と贋作の見分け方

骨董品はその保存状況やブランドなど様々な要因が関係してきますが、一番重要になるポイントは偽者・贋作であるかどうかといった部分です。

ただ非常に精巧な技術で真似られているために、素人では簡単に本物か偽者・贋作かを見極めることは至難の業と言えます。

そこで、簡単ではありますが種類別の骨董品の偽者と贋作の見分け方を知っておくと、ひとつの参考として役立たせることができるのです。

陶器の見分け方

骨董品で偽者と贋作が多いと言われるのが陶器系で、特に似たようなデザインの品物はパッと見るだけでは見極めが難しいといったことが難点でもあります。

ただ陶器なら轆轤で作られるものが多くて、特徴的に歪みを作っているものもあるので、歪みがポイントとなりますし、テカリもポイントで均一な光沢感はおかしいです。

絵画の見分け方

絵画も群を抜いて偽者と贋作が多くて、特に骨董品ファンや美術好きの方のみぞ知るといった作品などでは、見分け方が難しくなってしまいます。

しかし使用されている絵の具やキャンバスは年代などで変わってくるので、作家の活動履歴と照らしてみたり、購入元に入手方法を聞いてみたりするのも見分け方のひとつの方法になるのです。

掛け軸の見分け方

掛け軸は、本当に目の肥えた人でなければ偽者と贋作を見抜けない骨董品で、見分け方がトップクラスで難しい品物で、素人には至難の業になってしまいます。

ただ本物の掛け軸なら必ず凹凸が現れているはずですし、筆跡などが完璧一緒であることや他の部分が怪しいものはプリントの可能性があると考えられるのです。

しかし、かなり精巧な骨董品の偽者と贋作も多くあるので、できることなら専門家に相談することがおすすめと言えます。