骨董品の魅力

menu
HOME » 骨董品の魅力

骨董品の魅力

骨董品の世界を探る

骨董品の世界は専門的分野の世界であって、一般の人にとっては別次元の世界と考える方も多いですが、決してそのようにかけ離れた世界ではないのです。

また、骨董品は高いといったイメージも強いでしょうが、そうしたイメージは一切捨てても大丈夫で、骨董品の世界は深く知れば知るほど魅力的な世界になります。

骨董の世界を知るためには、骨董といってもどのような種類があるのか知っておくことも重要ですし、どこからどこまでが骨董品なのかを知ることも大切です。

骨董品の定義

骨董品としては様々な種類の品物が挙げられますが、古い・希少価値があるといった2つのキーワードが大事なポイントになります。

つまり、骨董品とは希少価値がある古い品物や美術・道具のことを指して、主にアンティーク調の物と大きく考えることができるのです。

また骨董品は世界中に広がっていて、日本の和骨董・東南アジア系骨董・インドやイスラム骨董・ヨーロッパ地方の西洋骨董など様々な種類があります。

それぞれ国の文化や習慣が表現されていて、自分の国とは違った文化に触れ合うことができることも骨董品の世界の大きな魅力です。

美術館で触れる骨董品の世界

それから骨董品の世界は遠い世界と感じることでしょうが、骨董の世界に美術館という身近な場所で触れ合うことができます。

どのような人が使用したのか、どのような背景があるのかなど、様々なことを考えて見るとまた違った視点から骨董品の世界を探ることができるのです。

それにより自分の視野が広がるきっかけにもなりますし、新たな自分と出会うことができる可能性もあります。

美術館を訪れて骨董品の世界に触れてみるのもおすすめします。

骨董品店とはどのような物を販売しているのか?

骨董品とは、100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品と定義されていますが、骨董品とはという定義はあくまでベースで、国や状況で定義に該当しないものでも骨董品と呼ばれています。

欧米各国における骨董品の定義は様々な見方や考え方があって、製造されて100年以上を経た手工芸品・工芸品・美術品はアンティークと定義されているのです。

しかし100年に至らないものをジャンク、古くても価値のないものをラビッシュといった分類もあって、欧米各国の骨董品店ではこれら3つを用いています。

一方、日本・朝鮮・中国などアジア方面での骨董品とはという定義は、古いこと・希少価値で判断されているのです。

骨董品店の定義

骨董品店とはという定義ですが、簡単に言うと先に触れた骨董品を主に扱う商店で、商品の仕入れについては様々な経路があります。

骨董品店の実店舗は、個人客に対して商品を販売すると共に買い上げることもしていて、店舗によっては出張買い取りの依頼に対応しているところもあるのです。

また、そうした骨董品の売買だけではなくて、骨董品の鑑定を実施している骨董品店も存在しています。

こうした骨董品買い取りを実施している骨董品店にとっての骨董品とは、アジア方面での定義と類似しているのです。

ですから物品のジャンルには関係なく古いこと・希少価値を満たしていると、骨董品として対応するのが原則となっています。

つまり骨董品店からすると古そうな品物であれば何でも骨董品として取り扱っていると考えることができるので、古そうな品物がある時は骨董品店に相談することがおすすめです。

骨董品の鑑定士になるには?

骨董品の価値を鑑定する仕事をするのが骨董品の鑑定士で、絵画・陶器・ブロンズ像・玩具など様々なジャンルの骨董品の鑑定を行います。

その為、骨董品の鑑定士になるには、それぞれの骨董品を鑑定するにあたっての知識を備えておく必要があるのです。

ジャンルを絞って専門的に鑑定を行う人もいれば、オールジャンルで鑑定を行う人など様々いますが、いずれにしても物の価値を決める重要な仕事なので膨大な知識量は必要になります。

ただ骨董品の鑑定士になるのに必要な資格はなくて、極端な言い方をすると自分は骨董品鑑定士と言ってしまえば、その日から骨董品の鑑定士として活動できるのです。

しかし、骨董品の価値を決めたりその骨董品の真贋を判定したりする鑑定ですから、何も資格や称号がない人に依頼することはないので、必要な資格として美術鑑定士というのがあります。

この美術鑑定士というのは、基本的に美術品の価値や真贋を判断するために必要となる資格で、骨董品もこのジャンルに該当してくるのです。

その為、信用性という意味から考えて骨董品の鑑定士になるには、この美術鑑定士の資格を取得することが現実的と言えます。

美術鑑定士の資格を取得するには、専門学校で学んだり講座を受けたりする必要はありませんし、特に認定試験というものもないのです。

しかし、周囲の美術鑑定士から認められることで美術鑑定士の資格が取得できるため、骨董品や美術品を取り扱う画廊や古美術商、美術館の学芸員として仕事をして経験を積む必要があります。

このように明確な試験などがないので、とにかく鑑定力を鍛えて周囲から認められることが大事になるのです。